7月15日(日):川口市 芝園団地見学会のご案内


〜外国人居住が進む川口市芝園団地における多文化交流の地域づくり〜

 川口芝園団地は1978年に建設された2,454戸のUR高層賃貸住宅団地である。ここ20年で外国人住民が急増し、現在は住民の半分にあたる約2,500人が外国人(うち約2,300人が中国人)となっている。

 転入増加する外国人は若い世帯、一方、当初からの日本人居住者は高齢者世帯であり、ゴミ出しや騒音など生活ルールの問題や、商店街の変化、お祭りなどの自治会運営等、地域づくりの課題が生じている。

 こうした課題を乗り越えるため、外国人居住者の担い手育成や学生との連携など開かれた自治会として取り組みを進める団地自治会と「芝園かけはしプロジェクト」を展開する学生グループの活動状況について、お話をうかがう。

※6月1日朝日新聞GLOBE掲載記事。ぜひご一読ください。https://globe.asahi.com/article/11578981

 

○日時:2018年7月15日(日)13時40分~17時  

○スケジュール

 13時40分       JR京浜東北線「蕨駅」改札口前集合

 13時50分       徒歩にて「芝園団地15号棟2階集会所」着

 14時~16時   芝園かけはしプロジェクト多文化交流クラブ活動参加・見学  

 16時~16時30分 芝園団地自治会長・韮澤勝司 氏

          芝園かけはしプロジェクト代表・圓山王国 氏からお話を聴く(説明20分、質疑10分)

 16時30分~17時 団地内見学

 17時                        現地解散

○懇親会17時〜18時半

終了後、団地内店舗「のんのん」(学生達のクラブ活動打ち上げのお店)にて参加者有志で懇親会(会費3,000円程度)を行います。韮沢自治会長、圓山プロジェクト代表にも参加いただきますので、皆様、是非参加ください。蕨駅集合時点で、参加希望者を最終確認します。

○参加費:会員500円、会員外1,000円、学生 無料

○定員:20名(申込先着順)

○申込み:お申込みは締め切りました。

○主催:建築学会関東支部住宅問題専門研究委員会

 お問い合わせはこちら