3月7日(木):シンポジウムのご案内


〜外国人居住と住宅・コミュニティ問題〜 

 首都圏における外国人居住の実態とコミュニティ形成における課題を、居住やこれを支えるNPO等のサポーター、ならびに研究者を交えたディスカッションを通して捉える。このことを通して、「多文化共生」に求められる住環境の計画論、及び住宅政策に関する知見を得る。

 

○日時:2019年3月7日(木)15時00分~17時30分  

○会場:日本建築学会関東支部 研究発表会会場

    日本大学理工学部1号館(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)

○登壇者

岡﨑広樹(芝園団地自治会役員)

稲葉佳子(法政大学大学院デザイン工学研究科兼任講師、NPO 法人 かながわ外国人すまいサポートセンター理事)

Bhupal Man SHRESTHA(NPO 法人ネパール教育支援センター 理事長)

藤井さやか(筑波大学 准教授)

北原玲子(日本女子大学 学術研究員)

圓山王国(東京大学 博士課程)

王爽(筑波大学 博士課程) 

○参加費:一般1,000円、学生無料(資料代含む)

○定員:50名(申込先着順)

○申込み:お申込みはこちら

○懇親会:開催後に館内カフェテリアにて懇親会を開催します。(一般2,000円、学生1,000円)

     ぜひご参加ください。お申込みはこちら

○主催:建築学会関東支部住宅問題専門研究委員会

    お問い合わせはこちら